Zoomでミーティングを管理

ITニュース

最近はZoom Meetingを色々な場面で使用する方が増えていると思います。Zoom ミーティングを開催する主催者になると色々な操作が必要になってきます。画面を見せたり他の人の音声をミュートアンミュートなどの操作、出席者の管理など100人くらいのミーティングになると何人かで手分けして操作する必要がありますね。

その際出席者を管理できるアプリがありますので、ご紹介します。

Attendant for Zoom

今のところiPadとiPhoneで使用できます。アプリのページはこちら

こちらのアプリは無料で利用ができ、出席者の参加許可やミュートアンミュート、ブレイクアウトルームの設定など色々なことが行えます。パソコンでミーティングを行いながらいろいろ設定をしていると参加者かはら目が泳いだ感じで写ってしまいますね。そこでタブレットで出席者の管理を行うことでスマートに出席者を管理できます。

パソコン上では操作せずタブレットやiPhoneで手元で操作したり出席者をカウントしたりする必要がある場合とても便利ですね。
出席者の一覧を取得することもできます。
また、このアプリはM1チップを搭載したMacでも作動します。

アプリの説明

•モバイルデバイスから小会議室を管理する
•シングルタップでミュートを解除して手を下げます
•記録保持のために参加者リストをエクスポートする
•参加者のオーディオ/ビデオのクイックタップ管理
•ビデオグリッドから参加者を管理する
•ビデオグリッドから検索
•出席者数を取得します(名前の数に基づく)
•すべてをミュート/ミュート解除し、すべてのカメラをオン/オフにするアクション
•他の全員をミュートする(選択した参加者を除く全員)
•他のすべての人(選択した参加者を除くすべての人)のカメラをオフにします
•待合室を簡単に管理
•長押しして、参加者のビデオをすばやく確認します
•参加者とチャットする

Attendant Proにアップグレードして、以下のロックを解除します。

•スレッドチャットと複数の参加者へのダイレクトメッセージのブロードキャスト
•特定の参加者を自動的にミュートします
•出席をカウントして、各接続の出席者数をすばやくマークします
•参加者が再接続すると、参加者を自動再承認します
•ビデオ:サイズの構成、手動での並べ替え、および外部ディスプレイの構成
•参加者の名前をすばやく変更するための名前変更モード
•オプションで、複数の会議にわたって名前の変更を永続化する
•小会議室のシャッフル
•コメントワークフローを構成する
•コメントのカウント
•上げられた手を時間、名前、またはコメント数で並べ替えます
•無制限のレイズドハンドを管理する
•テーマとアイコン

Attendant Proの料金

3種類の料金体系から選ぶことができます。

月々 100円 一年契約 960円 買い切り2,440円

ただし注意点。このアプリを使うには組織で契約したZoom ではバージョンを調整する必要があります。

zoomは入室する人のzoomの最低バージョンを選ぶことができます。これを選択しておくと入室する際に参加者はアップデートを要求されるようになります。Attendant to Zoomのアプリを使用する場合このバージョンが邪魔をして使用できないことがあります。それでzoom.usにログインしてこのページiOSのバージョンを少し下げてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました