データ復旧

データ復旧。データ救出について

2011-10-31

データ復旧・データ救出ご希望の最近のお客様の例ですが,遅くなってきたパソコンが Windowsのエラーやアプリケーションエラーが多くなってきたという理由で,システムの復元を試されるお客様が多いようです。
Webや雑誌の記事でそういう手法が紹介されていますが,但しそれを試す場合は条件があります。HDDなどハードが物理的に故障,論理障害,ファイルシステムの崩壊をしていないことが大前提です。これを意に介さず復元をすると,より深刻なシステムのダメージ,あるいはデータ破壊へとつながります。

今日中に直していただきたい,あるいはデータ復旧していただきたい,というご依頼をよくいただきます。ご理解を頂きたいのですが,データ復旧は時間がかかります。傷んでいないHDDからファイルをコピーするときは1つのファイルをコピーするのに1分も要さない事柄でも,データ復旧の場合,傷んでいるクラスタ領域から復元させる場合,倍以上の時間10-20分を要す場合もあります。最近のHDDは大容量ですので,復旧はお客様のご所望のファイルの数に比例して時間がかかるのです。ましてNTFSファイルシステム構造が崩壊している場合,再構成は難しく,復元しても,実データが破損,損傷していて使用に耐えない場合も多くあります。

費用をなるべくかけずに自力でやってみたいというお気持ちは理解できますが,デジタルデータほど失われやすいものはありません。バックアップはこまめに,データ復旧を希望されるなら,ご自身で試さず,是非一度早めにご連絡下さい。

Copyright(c) 2010 Pioneer Works All Rights Reserved.