Javaの脆弱性狙う攻撃が横行,全ソフトウェアのアップデート適用を急いでください

2011-11-30

Javaの脆弱性狙う攻撃が横行しているのは,先日よりお伝えしているとおりですが,此度,Microsoft Security Blogにて改めて注意が喚起されています。
これは,どんなに良い最新のセキュリティ対策ソフトをインストールしてあったとしても,インターネットにも共通する技術を用いたアプリケーション,プログラム,ソフトウェアが購入時のまま更新を行なっていなかった場合,セキュリティの脆弱性が露呈している状態だということを意味しています。Java, Adobe Flash, Adobe AIR,等々,全ソフトウェアのアップデートのご確認と適用を急いでください。
もちろん,Microsoft Updateの最新セキュリティパッチの適用もお忘れなく。

コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


ワンクリック詐欺 とうとうスマートフォンにも出現

2011-11-09

20111108付報道で,TrendMicro社 においてスマートフォン向けのワンクリック詐欺が確認されました。そのページはPCのブラウザでは反応しませんが,スマートフォンのブラウザで反応するようです。
詐欺なので,絶対に料金は振り込まないでください
スマートフォンでの対処方法は,まずブラウザの終了,その後キャッシュ,cookie,フォームデータ,パスワード等を削除し,ブラウザを初期設定に戻すことをお薦めします。

パソコン向けのワンクリック詐欺も,弊社顧客PCにて増加傾向にあります。
ワンクリック詐欺駆除ツールなども出てきていますが,最近のパターンはトロイの木馬(バックドア攻撃型)やワーム(自己増殖型),Cryptタイプのボットが付随して感染している例が非常に多いです。
お客様が量販店筋やお友達筋,Webなどからの情報でリカバリしてしまう例もありますが,ウィルスが付随していた場合,BlasterやSasserと同じようにリカバリ後復活して同症状になってしまいその時点でご依頼頂く弊社顧客も少なく有りません。
ワンクリック詐欺は表面に出なくなっても,ウィルスやボットにより巧妙なスクリプトやコマンドコードが隠されていて,個人情報やバックドアによる踏み台,クラッキングされている場合が考えられますので,表示が出る出なくなったにかかわらず,ぜひご相談ください。
繰り返しますが,表示される内容は
詐欺なので,絶対に料金は振り込まないでください

コメントを書く







コメント内容


トロイの木馬 ウィルスに注意

2011-10-24

ニュース報道にあるように,最近はトロイの木馬の被害にあいインターネットバンキングを利用なさっているお客様が詐欺被害にあっているということです。弊社のお客様もウィルス以外のトラブルで訪問したいお客様,インターネットができなくなったお客様のPCを拝見させていただくと,トロイの木馬やスパイウェアが感染している事例が多いです。

実際弊社顧客さまPCで時々ある事例ですが,ウィルス感染してもお客様に悟らせない仕方で活動していて,インストール済みのウィルス対策ソフトでスキャンしても「ウィルス(脅威)はみつかりませんでした」と表示されますが,実は感染していて,駆除した途端,ウィルス対策ソフトは「期限が切れているか,機能しなくなっています」のエラー表示が出て,ウィルス自体がウィルス対策の機能を詐称し,検知無効にしている事例もございました。
とあるお客様は,「システムの復元をした」「リカバリしたから大丈夫」とおっしゃっている方がいらっしゃいますが,ウィルスはリカバリ中はメモリ等の場所に潜伏し,リカバリが終わった途端活動するものもあります。トロイの木馬やワームタイプの場合リカバリして設定しなおしてもインタネットできないというお客様も多いのです。リカバリは万全ではありません。システムの復元も以前のシステムやレジストリを記録しておいて記録しておいた状態に戻す機能ですが,記録した情報の中にウィルスによって改変される部分が保存されているわけでありませんし,復元情報を記録した時点ですでに感染していた場合,結局状況は変わらないことになります。ですのでシステムの復元はおなぐさみ程度の機能だとご理解ください。ましてトロイの木馬やルートキットの種類によっては駆除以前にお客様のIPアドレスなどの情報が漏れている場合があり,駆除やリカバリし,ウィルス対策を万全にし作業終了と同時にインターネットに繋いだ途端,集中的に不正アクセスを検知する場合もあるのです。

ウィルスやスパイウェア,ボットやツールキットはシステム担当者,あるいはエンジニアが駆除やシステムの修復,ウィルス・セキュリティ対策を行なう必要があります。ウィルスを疑わざるをえない場合はお早めにご相談ください。

コメントを書く







コメント内容


最近の盗聴器調査依頼の傾向

2010-11-04

最近の調査依頼や問合せの傾向について一部ご紹介したいと思います。

最近の調査依頼にはひとつの顕著な傾向があります。
それは近所とのトラブルによる調査依頼が非常に多いということです。
半年ほど前から明らかに近所トラブルが原因での調査依頼や問合せが増えて
きています。

内容としては
隣の家や近所の家に嫌がらせをされて、自分の噂を近所中に振り撒かれる。
近所から監視されていて、自分の行動をいちいちチェックされる。
近所の人がみんな自分の顔をジロジロ見ては笑って通り過ぎていく。
隣の家の住人が自分が留守の間に侵入している。
などです。

これはアパート・マンション・戸建を問わず共通しています。
近所付き合いをあまりしなくなってしまった昨今、ひとたび疑心暗鬼になってし
まうと全てが怪しく見えてくるようです。
そのため、最近の調査では鍵の交換や侵入警報、簡易型防犯カメラなどの
リピート受注が増えています。

早いうちに連絡をくれれば良いのですが、悩みきってしまってからでは対応が難
しくなってしまいます。
これも共通しているのですが、皆さん今度は音が聞こえてくるようです。
盗聴されてエアコンから自分の行動を言い当てられるとか電気の傘が揺れて
そこから音がするとか様々仰います。
本人には聴こえているので、如何ともし難く、基本的には否定せずにその音を
録音するように勧めます。
場合によっては録音用の機材を販売することもあります。

この不景気のせいでもあるのでしょうか。
皆さん様々な悩みを抱えていらっしゃるようです。
なかなか話せずにいるようで、話をしっかり聞いてあげるだけで随分信用して
頂けたりします。
これも共通して言えることなのですが、やはりお客様皆様が我々に求めている
ものは、自分を理解してくれる心強い味方でいてくれる人なのだとあらためて
思う今日この頃です。

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2010 Pioneer Works All Rights Reserved.